|ノコギリヤシの効能.com

効果や副作用などについても説明しています!

画像

ノコギリヤシとジヒドロテストステロンの関係

DHT、ジヒドロテストステロンは、男性型の脱毛症の最大の原因と言われている、非常に強力な脱毛作用がある男性ホルモンである。
このジヒドロテストステロンは、男性ホルモンであるTH、テストステロンが5αリダクターゼという還元酵素により変換されて生成されることで、これが髪の毛の製造工場である毛乳頭細胞にある受容体と結合することにより、その結果、髪の成長を抑制するために抜け毛が増えるのです。
ジヒドロテストステロンは皮脂腺にある受容体と結びつくことによって、過剰な皮脂を分泌させ、その結果毛穴を塞いでしまうので毛髪の成長を阻害してしまいます。

その結果、ヘアサイクルが乱れ、次第に毛髪は失われていく羽目になるのです。
テストステロンは、95%が精巣、さらに残り5%は副腎で作られる男性ホルモンの一種であり、ジヒドロテストステロンは、体内におけるテストステロン不足を補う為に5αリダクターゼ酵素でテストステロンに変換された男性ホルモンです。
この2つについて違うというのは、テストステロンが毛髪を太くする作用があるのに対して、ジヒドロテストステロンは上記のように皮脂腺と毛乳頭に作用して、毛髪が十分に成長していくことを妨げる作用があり、そのままハゲの原因になってしまうこともあるのです。

そのため、男性ホルモン作用を抑える機能のあるノコギリヤシは、薄毛対策に効果が期待できるとされています。
具体的な作用としては、ノコギリヤシには男性ホルモンを有害な髪の毛に有害なジヒドロテストステロンに変化させる5a-リダクターゼを抑制する働きがあることから脱毛ホルモンである、ジヒドロテストステロンだけを減らしてくれるという効果が期待できます。
脱毛ホルモンのみを取り除くだけであれば、もちろん医薬品などを利用することもできますが、やはりホルモンバランスが崩れる恐れがあることも報告されていることから、安全性の高いノコギリヤシなどの自然由来食品に注目が集まっているのです。
逆に、男性ホルモンが原因で起きてくる髭の毛や体毛が濃くなってしまうという現象も、このノコギリヤシの摂取で解消している人も多いようです。
薄毛の心配があるならば、ノコギリヤシを試してみてはいかがでしょう?

Contents

育毛ランキング

    第一位
    GUNGUN(ぐんぐん)


    第二位
    ボストン


    第三位
    フェルサ


尿のトラブル
対策ランキング

    第一位
    ノコギリヤシ+セサミンE
    商品詳細解説のページへ


    第二位
    小林製薬ノコギリヤシEX


    第三位
    ノコギリヤシ+クラチャイダム


Copyright© 2010 Serenoa repens Effect.com All Rights Reserved.