|ノコギリヤシの効能.com

効果や副作用などについても説明しています!

画像

ノコギリヤシと抗血液凝固薬と抗血小板薬の関係

ノコギリヤシは、直接ホルモンバランスに作用する働きから前立腺肥大症や頻尿への健康効果が期待され、さらにやはり天然由来のものであるということからその安全性も評価の対象内でした。
しかし、使い方によっては、そのような安全だと思われている植物であっても副作用が考えられるのです。
その1つとして挙げられるのが、血液をさらさらにする作用のある薬との併用による副作用です。

血栓症は、とくに現代の生活習慣病の多い時代に頻発する病気であることから、その血栓症の予防には、活発になっている、凝固因子や血小板の働きを抑制する薬、つまり血液をさらさらにする作用のある薬である「抗凝固薬」と「抗血小板薬」が、重要になってきます。
この血栓症の発生は、動脈では血小板が、静脈などにおいては、血液が滞ることで起こる血栓症では凝固因子の動きが重要になります。
そのため、狭心症、心筋梗塞、さらに脳梗塞などの動脈で起こる血栓症では、基本的に抗血小板薬が使われ、人工弁置換術後や心房細動、深部静脈における血栓症、そして肺梗塞などに対して起きうる血流の乱れや鬱滞といったものを原因とした血栓症では、抗凝固薬が基本的に使われています。

血栓というのは、案外複雑な製造工程を経ているので、血小板と凝固因子が単一ではなく、複雑に反応して、できますから、その患者さんの血栓症の原因となる背景を考えて、薬を使い分け、さらに場合によっては併用します。
それぞれの薬は、血栓を溶かすだけでなく、出血した際の血を止めるのに必要な分の血栓ができる過程も抑えてしまうので、出血しやすい、もしくは出血したとき止まりにくいという副作用が生じます。
特に、抗血液凝固薬や抗血小板薬はノコギリヤシと併用することによって、出血傾向が高まる可能性があります。
そのため、怪我をしたり、手術の際に致命的な問題ともなりうるので、きちんと医者と相談の上でノコギリヤシのサプリメントなどを使用することをオススメします。

Contents

育毛ランキング

    第一位
    GUNGUN(ぐんぐん)


    第二位
    ボストン


    第三位
    フェルサ


尿のトラブル
対策ランキング

    第一位
    ノコギリヤシ+セサミンE
    商品詳細解説のページへ


    第二位
    小林製薬ノコギリヤシEX


    第三位
    ノコギリヤシ+クラチャイダム


Copyright© 2010 Serenoa repens Effect.com All Rights Reserved.