|ノコギリヤシの効能.com

効果や副作用などについても説明しています!

画像

ノコギリヤシの効果・効能

ノコギリヤシの有効成分には、ステロールと呼ばれる化学構造群の一種であるβシトステロールや、飽和アルコールの一つであるオクタコサノールなどが良く知られています。
特に、前者のβシトステロールは、近年注目されている植物由来の栄養素、フィトケミカルの1つであり、コレステロールの吸収を抑制する働きでも非常に有名です。
これらの成分は、男性の加齢などによるホルモンバランスの異常から起きる前立腺の肥大を抑制し、肥大してしまった前立腺を小さくする働きをします。

さて、トイレトラブル予防を合わせ、ノコギリヤシには、大きく分けて3つの効果があると言えるでしょう。
1つは、前立腺肥大を予防する作用、次に前立腺肥大による炎症を抑制、さらに細胞増殖を抑える作用、そして最後の1つは、尿道括約筋のサポート作用です。
前立腺肥大は、男性ホルモンのテストステロンが前立腺に取り入れられたあと、酵素の働きで活性型のジヒドロテストステロン、DHTに変化し、前立腺細胞を増殖させる働きをもつアンドロゲン受容体に結合する結果、前立腺が肥大することによって起こると考えられています。

ノコギリヤシは、酵素の生成を抑制することで第一段階における変化を抑え、DHTがアンドロゲン受容体と結合するのを抑制することで第二段階を抑える働きが確認されていることから、前立腺肥大予防に確実な効果があるとされています。
実は、前立腺肥大でもっとも生活に支障をきたすといわれる症状というのが、排尿困難だといわれています。
前立腺は尿道を覆うようにあるため、前立腺の肥大に伴って尿道が圧迫され、排尿が難しくなるのです。

前立腺肥大の結果、炎症が発生し、さらに尿道が圧迫されてきます。
そして前立腺内の間質細胞の増殖が始まり、これにより、さらに前立腺が大きくなってしてしまいます。
ノコギリヤシは、炎症促進を行う物質として知られるプロスタグランジンなどの物質の生成を抑え、前立腺内にある間質細胞を増殖させる因子の産出を抑える作用があるとされています。

また、通常であれば、前立腺の尿道括約筋が緩むことで排尿され、締まることで尿が出ないようになるわけですが、特に、前立腺の外側に位置する外尿道括約筋が閉まらなくなることで尿漏れが起きると考えられています。
ノコギリヤシは、尿道括約筋を強くする働きがあるとも言われているのです。
このように、ノコギリヤシには様々な効能があるのです。

Contents

育毛ランキング

    第一位
    GUNGUN(ぐんぐん)


    第二位
    ボストン


    第三位
    フェルサ


尿のトラブル
対策ランキング

    第一位
    ノコギリヤシ+セサミンE
    商品詳細解説のページへ


    第二位
    小林製薬ノコギリヤシEX


    第三位
    ノコギリヤシ+クラチャイダム


Copyright© 2010 Serenoa repens Effect.com All Rights Reserved.