|ノコギリヤシの効能.com

効果や副作用などについても説明しています!

画像

厚生労働省とノコギリヤシの摂取量

ノコギリヤシという植物は、ハーブの一種であり、北米大陸における南東部に自生する、ヤシ科の低木です。
前立腺肥大症や抜け毛の予防、さらに育毛にも効果があるとして、現在大きく話題になっています。
さて、前立腺肥大症における、ノコギリヤシエキスの有効性は海外でも認められていますが、現在では、日本でもその効果が臨床実験で確認されています。

しかし、後者の薄毛に関しては、実はその効果は化学的にはまだ実証されてはいません。
ですが、海外ではその話が大きくなっていることから、すでにノコギリヤシ配合といううたい文句で販売されている育毛シャンプーや育毛剤といったアイテムが発売されていて、髪の毛が太くなった、薄毛問題が解消された、といった声もあがっています。
摂取量の上限に関しては、実は厚生労働省によるガイドラインによっては現在1日あたりの摂取上限の設定は行われていません。

では、なぜ上限が決められておらず、さらに日本で1日に必要なノコギリヤシエキスの摂取目安量も設定されていないのに、ノコギリヤシアイテムが市販されているのでしょうか?そして、それらのノコギリヤシの配合量とはだいたい320mgから340mgが基準となっているのでしょうか。
そこで、海外の基準数値を見てみると、海外では、1日 320mgを上回る量が摂取されていることがわかります。
そこで、日本では、明確な基準のない320mgという量ではなく、320mg以上の量、1日の最大摂取量 550mgを配合しようということに決めたのです。

もちろん、この数値は、体に悪い影響がない量という実績値から算出されています。
確かに、上限というものは厚生労働省から決定されていませんが、サプリメントなどを含め、いわゆる健康食品というものの多量摂取は危険です。
医薬品であれば、その有効性と安全性、さらに副作用が検証された上で国が販売を認めたものですが、健康食品に関しては保証されていません。
食品だからだからといって、好きなだけ飲むのではなく、きちんと摂取量は守りましょう。

Contents

育毛ランキング

    第一位
    GUNGUN(ぐんぐん)


    第二位
    ボストン


    第三位
    フェルサ


尿のトラブル
対策ランキング

    第一位
    ノコギリヤシ+セサミンE
    商品詳細解説のページへ


    第二位
    小林製薬ノコギリヤシEX


    第三位
    ノコギリヤシ+クラチャイダム


Copyright© 2010 Serenoa repens Effect.com All Rights Reserved.