|ノコギリヤシの効能.com

効果や副作用などについても説明しています!

画像

妊娠中にノコギリヤシを服用したら

実は、人間の胎児は女が基本形になっているということをご存知でしょうか。
その証拠に、男性にも乳首などの女の特徴がかすかに残っていると言われています。
実際に、研究において、受精卵が受精過程を経てから大体6〜8週間に染色体がXYに変化し、男の胎児はアンドロゲンという男性ホルモンを大量に分泌、それによって精巣ができ始めるといいます。

そして、次に女を基本形にした脳も変化が起きて、男用の脳のフォーマットになるのです。
そのために、女性にも男性ホルモンを分泌する能力があるとも言われています。
しかし、もしこの時期に母親がサプリメントや薬などを通してホルモンバランスを崩すようなものを摂取してしまうと、男の胎児に使われる男性ホルモンが不足してしまい、その場合、生まれてくる子どもには、次の2つの可能性が考えられると言われています。

まず1つは、脳の作りが女っぽい男の子になる、つまり、思春期を迎える頃に男性の同性愛者になる可能性が高まると思われます。
そしてもう1つは、生殖器官などは男なのに、脳が完全に女になってしまうケースで、トランスジェンダー、性同一性障害と呼ばれます。
このテストステロン、つまり男性ホルモンの分泌を抑制するものは、ストレスや病気などの外的、そして仕方がないと言わざるをえない原因もありますが、摂取する医薬品や食品、そしてサプリメントに関しては対処が可能です。

ノコギリヤシにかぎらず、天然由来のサプリメントに関しては、殆どの場合副作用というものはあまりありませんが、もし妊娠中など、ホルモンバランスの変動が激しい時期になれば、摂取を控えたほうがいいという健康食品がたくさんあります。
ノコギリヤシは特にホルモンバランスに直接影響を及ぼすということから注意が必要です。
女性がノコギリヤシを摂取する理由としては、ハゲ予防やムダ毛を薄くしたいなどの目的があると思いますが、子供の為を思って、妊娠中では摂取を控えるようにしましょう。

Contents

育毛ランキング

    第一位
    GUNGUN(ぐんぐん)


    第二位
    ボストン


    第三位
    フェルサ


尿のトラブル
対策ランキング

    第一位
    ノコギリヤシ+セサミンE
    商品詳細解説のページへ


    第二位
    小林製薬ノコギリヤシEX


    第三位
    ノコギリヤシ+クラチャイダム


Copyright© 2010 Serenoa repens Effect.com All Rights Reserved.