|ノコギリヤシの効能.com

効果や副作用などについても説明しています!

画像

ノコギリヤシとホルモンバランスの正常化

ノコギリヤシは性ホルモンの中でも、男性ホルモンに影響する成分ですので、服用することによってホルモンバランスを崩し、副作用が生まれるのではないか、という懸念を持つ方もいるでしょう。
たしかにノコギリヤシは男性ホルモンに作用し、その結果として、前立腺肥大症や頻尿といった症状を改善し、さらに男女問わず、薄毛や抜け毛を防ぐ効果が発揮されます。
この前立腺肥大症になってしまう確率というのは、加齢とともに高くなり、大体50代から増加してきます。

組織学的な意味での前立腺肥大となると、30歳代からその徴候が見られ、さらに50歳で発祥確率は30%、60歳で60%、70歳で80%、さらに80歳では90%に見られますが、実は、そのすべてが治療を必要とするほどの症状であるというわけではありません。
前立腺の肥大とは、結果的に尿道などを圧迫することから排尿症状を伴い、治療が必要だと診断されるほどの前立腺肥大症は、全体の1/4程度だと言われています。
肥満や高血圧、さらに高血糖や脂質異常症といった生活習慣病と前立腺肥大症の関係が指摘されています。

そのため、野菜や穀物、そして大豆などに多く含まれるイソフラボノイドは、前立腺肥大症の発症に対して抑制効果があると指摘されていますが、喫煙やアルコールや性生活との関連は明らかになっていません。
ここまで見ると、病気をしてから摂取するもの、というイメージが湧きそうですが、もう少し詳しく言うと、ノコギリヤシには前立腺肥大症や薄毛などを引き起こす男性ホルモンのジヒドロテストステロンが過剰に生成されてしまうのを抑制する働きがあるのです。
このデヒドロテストステロンは加齢とともに生成量が多くなります。

だからこそ、中高年になれば、前立腺肥大症や男性型脱毛症が頻発するわけです。
つまり、デヒドロテストステロンの過剰生成を抑制するノコギリヤシは、男性ホルモンのバランスを正常化する作用があると行っていいのではないでしょうか。
ただし、過剰摂取では、ホルモンバランスの乱れの可能性があるので、やめましょう。

Contents

育毛ランキング

    第一位
    GUNGUN(ぐんぐん)


    第二位
    ボストン


    第三位
    フェルサ


尿のトラブル
対策ランキング

    第一位
    ノコギリヤシ+セサミンE
    商品詳細解説のページへ


    第二位
    小林製薬ノコギリヤシEX


    第三位
    ノコギリヤシ+クラチャイダム


Copyright© 2010 Serenoa repens Effect.com All Rights Reserved.