|ノコギリヤシの効能.com

効果や副作用などについても説明しています!

画像

前立腺肥大とノコギリヤシの効果

日本人の前立腺肥大症患者におけるノコギリヤシのエキスを含む食品の有効性が初めて確認された研究結果は、2008年に横浜市で開催された第11回の日本補完代替医療学会学術集会において発表されました。
さて、そもそも前立腺肥大症とは、尿道を囲むようにしてある前立腺が肥大してきて、尿道が圧迫されることで引き起こされます。
この結果、頻尿や残尿感などの尿トラブルにつながります。

その前立腺肥大症に有効だとされるこのノコギリヤシとは北米大陸の南東部に分布する高さ3m程度のヤシ科植物でノコギリの歯のような葉をもつことから、そのような名前になっているとされています。
夏になれば、香りの良い白いクリーム色の花を咲かせ、秋には紅い実をつける植物で、その果実は、油性物質を多く含んでいて、食用や薬用など、多様な使用方法があります。
古くからノコギリヤシはヨーロッパにおいて前立腺肥大症の治療薬として広く使用されていて、多くの臨床試験によってその有効性が科学的に確認されていますが、日本人での臨床試験報告は、その2008年の発表の中の臨床試験までは報告されていなかったのです。

さて、小林製薬においては、ノコギリヤシのエキスを含む食品が前立腺肥大によって起きる排尿困難の不快感を軽減することに着目しました。
そして、日本人を使っての研究結果が未だ報告されていなかった臨床試験を実施し、研究を進めていました。
そして、日本人前立腺肥大症患者へのノコギリヤシのエキスを含む食品の有効性、さらに安全性を臨床試験にて確認することができたのです。

結果、ノコギリヤシのエキスを含む食品による排尿困難の改善効果を確認したのです。
確かに、これまで、ノコギリヤシが排尿障害や男性の薄毛などに対して有効な健康食品として日本でも広く利用されてきましたが、今回のように、前立腺肥大症患者に関して、有効性が日本人で確かめられたのは、この研究が初めてとなったのです。
今では、ノコギリヤシの有効性は浸透し、研究も進められています。

Contents

育毛ランキング

    第一位
    GUNGUN(ぐんぐん)


    第二位
    ボストン


    第三位
    フェルサ


尿のトラブル
対策ランキング

    第一位
    ノコギリヤシ+セサミンE
    商品詳細解説のページへ


    第二位
    小林製薬ノコギリヤシEX


    第三位
    ノコギリヤシ+クラチャイダム


Copyright© 2010 Serenoa repens Effect.com All Rights Reserved.